ドイツパンが食べたいブログ

現役大学生がダイエット・国際恋愛・旅行について発信中。毎週木曜更新(したい)

MENU

【女子旅】女の子のための、長時間フライトを快適に乗り越える8つのコツ

スポンサードリンク

f:id:chitosepiggie:20180830055352p:plain

世の女性が大好きであろうヨーロッパやアメリカ旅行などは、移動時間が10時間を超えることもザラ。長時間じっと飛行機の狭い座席に座っていなければなりません。
今回はそんな長時間フライトを快適に過ごすためのコツや便利グッズをご紹介します!

1. 搭乗前に水とお菓子を買っておこう

セキュリティを通過したらまずは水やスナックを買っておきましょう。
もちろん飛行機の中でも飲み物はもらえますし美味しい食事を楽しむことができますが、CAさんがなかなか通らないタイミングや食事と食事の間に小腹が空いた時用の保険として買っておくことをおすすめします。 自分のタイミングで水分・エネルギー補給できないのは辛さがありますからね。

一つ注意したいのが、これらを買うのは必ずセキュリティチェックを終えてからということ!
たとえ空港内で購入したものでも、セキュリティゲートの外から食べ物・飲み物を機内に持ち込むことは出来ませんので要注意です。

2. 出来るだけすっぴんで!

長時間のフライトでは移動中に夜を迎えることもしばしば。 飛行機の中の湿度は砂漠と同じくらい低く、何もせずにフルメイクで乗っていたらそれだけで肌に大ダメージを与えてしまいます。
顔を合わせるのはCAさんくらいなのに、ずっとメイクで肌に蓋をしたままでいる必要はありません!
恋人と搭乗するなどどうしても気を遣わなければならない場合以外は、落ち着いたらさっさとメイクを落としてしまいましょう。

トラベル用のクレンジングを持っておくと何かと便利ですよ!

▼クレンジング〜保湿までセットになっているので楽チンでおすすめ

コスパ重視ならこちら

ちなみに私は基本的にいつもひとり旅(悲)なので堂々とすっぴんで乗り込みます。笑

3. 保湿が命!

メイクを落としたらすぐに保湿です。
稀にフェイスパックを持ち込んでいる人も見かけますが、「そこまでしなくても...」と思う方はいつも使っている保湿用の化粧水や乳液を塗るだけで大丈夫!

私はいつも無印良品の50mlボトルを持ち込んでひたすら塗りたくっています。

▼化粧水

▼乳液

4. 大きめマスクで湿度を保とう

保湿後の湿度を保つにも、どうしてもメイクを落とせない場合にも大きめマスクが有効!
マスクをしているだけで自分の吐息が加湿器のような役割をしてくれます。

のどぬ〜るぬれマスクなどの保湿用マスクも活用していきましょう!

▼スタンダード就寝用

▼就寝用のヒモなしVer.も耳が痛くならないのでお気に入り

5. デニムパンツはNG!ゆったり着られる服装で

長時間座ったままになりますので、締め付けがキツいデニムパンツやスキニージーンズは避けましょう!
長い間お腹が締め付けられるだけでも体調を崩してしまう場合があります。 ゆったりとしたワンピースや、ウエストがゴムのスカートがおすすめです。

ちなみに私が先週成田→ワルシャワの22時間フライトに臨んだ際はこんな格好をしておりました。

f:id:chitosepiggie:20180830050102p:plain 出典:http://www.dholic.co.jp/

まんまこれ。笑
ストレッチ素材でゆったり着られるのでとても快適に過ごせました!

+スリッパを用意しておくと◎

服の締め付けと同時に靴も足を締め付けています。
100円ショップなどで旅行用の携帯用スリッパを買っておけば靴を脱いで過ごせますので楽チンですよ!

6. 重ね着で体温調節

飛行機はとても高いところを飛んでいますし、空調も個人に合わせて調節できるものではありません。
寒過ぎたり暑過ぎたりした場合に自分で調節できるよう、脱ぎ着しやすい重ね着スタイルで臨みましょう!

夏:Tシャツ+カーディガン or パーカー
冬:ヒートテック+長袖シャツ+パーカー or ジャケット など

夏場は空調で足元が冷えることもありますので冬用の靴下があるとなお良いですね。
一応一人一枚ブランケットが支給されますが、それでも寒い場合もありますので油断せずにいきましょう。

冬は着込み過ぎて逆に暑くなってしまうことがありますので、気軽に脱げるよう薄めのものを何枚か着る作戦が吉です!

7. メディキュットでむくみ対策

長時間座ったままでいると気になってくるのが脚のむくみです。
むくみにはやはりメディキュット!
飛行機に乗り込んだらいそいそとメディキュットを仕込みましょう。

あとはご飯の時間まで寝るだけです!

▼お腹を締め付けない太ももまでのメディキュットがおすすめ

▼膝までのものもありますよ!

8. 座席は通路側が◎!

f:id:chitosepiggie:20180830060252j:plain

窓からの景色を楽しみたいという方ももちろんいらっしゃると思いますが、外の景色を見飽きた後が問題です。窓側の席ですと横に2人座ることが多いので、トイレに行く時やデッキに出たい時わざわざ退いてもらう必要が...。
友達なら良いのですが、知らない人の場合はちょっと気を遣いますよね。

やはり最初から通路側の席に座っておくことをおすすめします!

おまけ:アイマスク・耳栓はアメニティでもらえるかも

大抵の場合エコノミークラスでもアイマスクや耳栓はアメニティとして支給されます。
と言ってもやはりクオリティは低めですので、完全に光や音を遮断したい場合はご自分で用意していく方が安心かもしれません。

前回エミレーツに乗った時はアメニティでほとんど必要なものを揃えることができました。ありがたや。

f:id:chitosepiggie:20180830053235j:plain

・靴下
・歯磨きセット(歯ブラシ・歯磨き粉)
アイマス
・耳栓 など

まとめ

f:id:chitosepiggie:20180830061149j:plain

POINT

・搭乗前に水とお菓子を買っておこう
・できるだけすっぴんが◎
・お肌の保湿には気を配ろう
・ゆったり着られて脱ぎ着できる服装で
・メディキュットでむくみ対策
・座席は通路側を確保しよう

これさえ気をつければ長時間フライトも怖くありません!

快適な空の旅を楽しみましょう!